ダイエットと病気予防・美容効果を感じれる豆乳の魅力とおすすめ商品(外注下書き)

豆乳とは、大豆の栄養素を豊富に含む飲み物です。最近は、大きなダイエット効果があることで注目されるようになりました。体に負担をかけず、自然に脂肪と体重を落としたい人に豆乳はとても役に立ちます。

とはいえ豆乳の効果はダイエットだけに限りません。将来の病気を予防したり、美しい外見を保つ美容にも大きな力を発揮するのが豆乳です。いつまでも健康で、若々しくスリムな体で一生を送るために、豆乳を日々の食生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

豆乳には独特のクセがあり、飲みにくいという人が多いのもたしかです。しかし最近では商品開発が進み、風味がよく、健康効果の高い製品も発売されるようになりました。

自分が一番飲みやすい豆乳製品を探してみましょう。長く飲み続けられる豆乳を見つけることが、痩身、健康、美容の3つを手にいれることにつながります。

豆乳はダイエット・病気予防・美容効果も抜群で女性に最適な飲み物

豆乳は、大豆に含まれる豊富な栄養素が溶けだしたすぐれた飲み物です。これを飲むだけで、体のはたらきをスムーズにするいろいろな成分を取り込むことができます。

ダイエットだけでなく、病気予防や美容に高い効果を期待できます。どのような成分が含まれているのかを次にみてみましょう。

植物性タンパク質
水溶性で吸収しやすいことが特徴です。体内では合成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
サポニン
活性酸素のはたらきを抑えたり、脂肪の蓄積を防ぐ作用があります。
リノール酸
必須脂肪酸のひとつです。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすはたらきがあります。
αリノレン酸
必須脂肪酸のひとつです。血流改善、老化防止、うつ病予防などの効果があります。
イソフラボン
女性ホルモンであるエストロゲンに似たはたらきをします。
レシチン
悪玉コレステロール値を下げます。脳の老化を防ぐはたらきもあります。
カルシウム
精神を安定させる作用があります。
トリプシンインヒピター(トリプシン阻害因子)
糖尿病予防に効果があります。
オリゴ糖
善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善させます。
カリウム
ナトリウムの排出を促し、血圧を安定させるはたらきがあります。
マグネシウム
神経のはたらきやホルモン分泌を安定させます。
フィチン酸
細胞が活性酸素で傷つけられるのを防ぎます。
ビタミンE
血行を改善します。美肌や美髪づくりに効果があります。
ビタミンB群
皮膚や粘膜のはたらきを強化します。風邪を引きにくくなります。
ナイアシン
胃腸のはたらきを助けます。

豆乳がダイエットに最適だと言われる理由

ダイエットしたい人に、毎日の生活のなかにうまく取り入れてほしい食品が豆乳です。この飲み物には、次のようなうれしい利点があるからです。

  • ローカロリー
  • 有効成分が吸収しやすい状態でふくまれている
  • 小腸での脂質と糖質の吸収がおさえられる
  • 血液中の脂質の燃焼がすすむ
  • 体脂肪の燃焼がすすむ
  • 便秘が解消する

具体的に予防できる病気一覧

豆乳にはダイエット効果があるだけではありません。継続して飲むことで、将来のおそろしい病気を防ぐこともできます。

  • 動脈硬化、心筋梗塞、脳出血、狭心症…高血圧や悪玉コレステロール値上昇を防ぐから
  • がん…活性酸素のはたらきを抑制するから
  • 骨粗鬆症、乳がん、更年期障害…イソフラボンがエストロゲンに似たはたらきをするから
  • 糖尿病…インシュリンの分泌を増やす作用があるから

豆乳で得られる3つの美容効果

良質のたんぱく質と数々のビタミンが含まれる豆乳は、美容効果を期待するひとにも最高の飲み物です。イソフラボンのはたらきで、女性らしい丸みのある体になります。

皮膚、頭皮などの調子を整える作用もあるため、肌や髪を美しくすることも期待できます。

バストアップ
女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきがあります。女性らしい丸みのある体をつくるのに効果的です。
美肌
真皮層のコラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきがあります。肌の水分量アップ。
美髪
頭皮の乾燥と酸化をおさえます。髪に適度な水分と油分を補う効果があります。

ダイエットにはイソフラボン!痩せれる理由とオススメの豆乳

豆乳がダイエットに効くもっとも大きな理由は、イソフラボンが豊富に含まれていることです。

イソフラボンは植物性エストロゲンともよばれる成分です。エストロゲンとは、体のなかにもともとある女性ホルモンのひとつで、代謝を促進する作用があります。

イソフラボンを摂ることで、減っていたエストロゲンのはらたきを補い、若いころのような代謝の高い体を作ることも期待できます。

豆乳で痩せる理由は女性ホルモンと似た働きがあるから

豆乳中のイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンにとてもよく似たはたらきをします。

エストロゲンとは、女性らしい体を作ると同時に、脂肪の燃焼を助けたり、水分を体の外へ排出する作用のある黄体ホルモンです。

豆乳を飲むことで、痩身やむくみ防止が期待できるのは、イソフラボンがエストロゲンのはたらきを補うからです。

エストロゲンの分泌量は20代がピークで、30代になると次第に減りはじめます。10代、20代のころはいくら食べてもスリムだったのに、だんだんと太りやすい体質に変わったと感じる女性はたくさんいます。

これは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が体内で減っていくからです。豆乳に含まれるイソフラボンは、減少するエストロゲンに代わって、代謝を促したり脂肪を燃焼させたりする効果を発揮します。

イソフラボンには、プロゲステロンという女性ホルモンに対抗するはたらきもあります。

プロゲステロンは、体のなかに水分や脂肪をためこませる作用のあるホルモンです。生理の前や更年期になると、このホルモンの分泌量が増えます。

生理前にむくみやすくなったり、中年になって太りやすくなるのは、プロゲステロンが増えるためです。

豆乳を飲んでイソフラボンを補うことで、プロゲステロンの力でためこまれた水分や脂肪を排出しやすくすることができます。

ダイエット目的の人には無調整の豆乳がオススメ!

市販の豆乳は大きく3つの種類に分けられます。

  1. 無調整豆乳
  2. 調整豆乳
  3. 豆乳飲料

ダイエットにもっともお勧めなのは無調整豆乳です。これが一番低カロリーで、イソフラボンの含有量も高いからです。

無調整豆乳とは、大豆のしぼり汁をそのまま丸ごと製品化したものです。大豆特有の青くささが気になる人もいますが、カロリー摂取量をおさえながら代謝をあげるには、無調整豆乳がもっともふさわしいといえます。

調整豆乳や豆乳飲料とは、飲みやすくするために、甘みや風味を豆乳に加えた製品です。イソフラボン含有量も少ないうえ、無調整豆乳よりこれらははるかに高カロリーです。

ダイエットを目的に飲むなら、こうした製品はお勧めできません。

いろいろな会社から発売されているので、自分の好みの無調整豆乳商品を選んでみてください。

200mlパック入りの『キッコーマン おいしい無調整豆乳』は、会社や外出先へ手軽に持っていけるのでお勧めです。

家で飲むなら、1l紙パック入りの『マルサン 有機豆乳 無調整』などもいいでしょう。

配合成分が病気予防に最適!病気対策にオススメの豆乳

豆乳にはかずかずの有効成分があります。ふだんから飲んでおくことで、将来の病気を予防することも可能です。

病気予防効果のとくに高い成分として、レシチン、サポニン、リノール酸、αリノレン酸、フィチン酸、トリプシンインヒピター(トリプシン阻害因子)、イソフラボンなどがあげられます。

血流を改善したり、血管を強くできる成分が多く含まれることが、豆乳の大きな特徴でしょう。動脈硬化、心筋梗塞や脳溢血などの、循環器系疾患の予防に豆乳はとくに効果的です。

血の巡りがよくなると、血液が毛細血管のすみずみまで運ばれるため、全身の細胞を若々しく保つこともできます。

生活習慣病を予防したり、がんなどの悪性新生物に対抗する免疫力をあげることも期待できます。

豆乳で複数の病気が予防できる訳は配合成分にあり

それぞれの成分が、どんな病気を防ぐのかを具体的にみてみましょう。豆乳を飲むだけで、たくさんのおそろしい病気を予防できることがわかります。

リノール酸
動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中の予防
レシチン
動脈硬化、認知症、アルツハイマー症の予防
サポニン
動脈硬化、高血糖症の予防
αリノレン酸
動脈硬化、脳梗塞などの血栓の予防
イソフラボン
高血圧、心筋梗塞、アルツハイマー症の予防
フィチン酸
動脈硬化、心筋梗塞、貧血の予防
トリプシンインヒピター(トリプシン阻害因子)
糖尿病、すい臓がん、乳がん

各病気に対する成分が多く含まれた豆乳

特定の成分だけを強化した豆乳製品はまだありません。ですが成分をより吸収しやすい形で配合し、病気予防効果を高めた商品は発売されています。

たとえば、コレステロールが高めの人向けに開発された『ソヤファーム トーラク おいしさすっきり調整豆乳』などがあります。

これは、消費者庁の許可をうけた特定保健用食品です

豆乳のなかの代表的な有効成分であるイソフラボンには、体内に吸収されにくいという欠点があります。

こちらの製品は、比較的吸収しやすいアグリコン型に調整したイソフラボンを配合したものです。コレステロール値の高さを医者から注意されている人、血管の病気や循環器系全般の機能低下が心配な人にお勧めしたい豆乳です。

美容効果を感じるには新陳代謝がキーマン!オススメの豆乳紹介

豆乳にはさまざまな美容効果もあります。その代表的なものは、美肌、美髪、バストアップでしょう。これら3つの美容に大きく関わってくるのが、豆乳に多く含まれるイソフラボンです。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをします。その効果のひとつが、肌や頭皮の新陳代謝アップです。イソフラボンを摂り続けることで、若いころのようなシミやくすみのない美肌、つややかな美髪を手に入れることが期待できます。

バストアップにもイソフラボンはとても効果的です。女性ホルモンに似たはたらきがあるため、この成分をとることで乳腺の発達を促すことができるからです。

同時に、乳腺の周囲にある脂肪を増やすことも期待できます。豆乳を飲み続けることで、女らしい豊かなバストを作ることも可能です。

豆乳で女性が嬉しい美容効果を感じるれる理由

美肌、美髪、バストアップなどの、すべてにプラスにはたらくのがイソフラボンです。美容を気にする人なら、イソフラボンを豊富に含む豆乳はぜひ摂っておきたい食品です。

そのほかにも、パーツ別の美容に有効な成分も豆乳は多く含んでいます。

豆乳に多く含まれるビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6も、美肌を手にいれるために必要な栄養素です。

ビタミンEは毛細血管の血流を増やし、皮膚の再生を促す作用があります。このビタミンを適量摂ることで、シミ、シワやくすみのない肌をつくることが可能です。

一方ビタミンB群には、皮膚細胞の新陳代謝を活発にするはたらきがあります。ビタミンBを摂っていると、肌のターンオーバーや皮脂量が正常にもどります。

美髪づくりに欠かせないタンパク質も、豆乳の主要成分のひとつです。

髪はタンパク質でできています。豆乳のたんぱく質は、良質な複数のアミノ酸が結合したものです。コシがあって太く、キューティクルの整ったつややかな美髪をつくるためには、良のいいタンパク質やアミノ酸は欠かせません。

豆乳に豊富に含まれるタンパク質は、バストアップのためにも欠かせない栄養素です。

乳腺を発達させるのは体内の女性ホルモンです。タンパク質には、ホルモンの分泌を促して効果を高めるはたらきがあります。質のいいタンパク質とイソフラボンを同時に摂れる豆乳は、バストアップ効果のとても高い食品だといえます。

より美容効果の高いオススメの豆乳

美容効果を一番に考えるなら、調整豆乳の『マルサン ことりっぷ 豆乳飲料黒蜜きなこ 200ml』がお勧めです。豆乳にきなこを加えてあるので、大豆由来の有効成分をふつう以上にたっぷりと摂ることができます。

黒蜜は風味がいいだけでなく、さまざまなビタミンとミネラルを含む美容効果の高い甘味料でもあります。

『DHC 青汁+豆乳 190g』もお勧めできる豆乳飲料です。青汁もまた、豊富な栄養素を含む食品です。

とくにビタミンB群、そして豆乳にはないビタミンCが青汁には含まれています。これを豆乳といっしょに摂ることで、肌や頭皮の新陳代謝が促され、美肌と美髪づくりに役立てることが期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする